奈良交通バス 時刻表

奈良交通バス 時刻表を紹介します。 奈良交通バスの時刻表や、奈良交通バスの路線図や運賃、 奈良交通バスを利用した観光名所への行き方なども紹介します。 奈良観光の際にはぜひご利用ください。

奈良交通バス時刻表 学園中3丁目

奈良交通バスのバス停に学園前駅があります。

ここは、近鉄(近畿日本鉄道)奈良線の駅ですが、ちょっと変わった駅
なんですよ。

駅の改札口は北口と南口の2ヶ所にあるのですが、なんと地下道で結ば
れているんです。

洞窟みたいでおもしろいですよ。

ちなみに、立地上、北口の方が南口より一段高くなっているんですよ。

そして、奈良交通のバス乗り場は、学園前駅の南北にありますよね。

ここの朝夕のラッシュはすごいですよね。周辺にはニュータウンなど
の住宅地が多いですし、帝塚山学園の最寄り駅でもあるため、通勤や
通学生でごったがえしているという感じです。

平日なら、乗降客数は近鉄奈良駅とほぼ同じぐらいではないでしょうか。

当駅発着の路線バスと言えば、奈良交通と子会社のエヌシーバスですよね。

とにかく朝はバスの本数が多いですね。

南口1番乗り場からは、奈良交通バス 学園中3丁目経由など、周辺の住宅地
や近鉄けいはんな線の駅に向かう循環バスが多いです。

とにかく、はじめて奈良県に来た人は、学園前駅の朝夕のラッシュはビックリ
すると思いますよ。

なお、バスの発着時間については、公式ホームページの奈良交通バス時刻表を参照してください。

奈良交通バスとは

奈良交通バスは、奈良県奈良市に本社のある奈良交通株式会社が運営する一般路線バスです。

運行する主なエリアは、奈良県全域ですが、京都府や大阪府、和歌山県、三重県の一部も運行していますよね。

奈良県で路線バスと言えば、奈良交通バスしかないんじゃないでしょうか?

そのぐらいほぼ独占状態だと思います。

でも、奈良県の住民のとってはなくてはならない交通手段ですよね。

奈良交通バスの運行が停止になったら、通勤・通学に困る方がたくさんいるでしょうね。

また、長距離路線が多いのも特徴だと思います。

自動車の普及などにより交通手段が多様化した現在、諸事情により長距離路線の多くは廃止または短くなってるようです。

ところで、日本一長距離で長時間かかる路線バス(高速バスを除く)をご存知ですか?

実は、奈良県八木駅~新宮駅間で、なんと168キロもあり約6時間半もかけて運行されるそうです。驚きですね。

奈良県北部の、学園前駅や生駒駅などは、駅周辺の住宅地や近鉄けいはんな線の駅に向かう奈良交通バスの発着が非常に多く、朝夕のピーク時には大変混雑することで有名ですね。

ほんとに、ひっきりなしにバスが発着するという感じですし、人の多さにはびっくりしますね。

奈良交通バスを、はじめて見たとき、バスのの側面に鹿の飛び跳ねる絵が描かれていて、いかにも奈良県を象徴しているようでいいなと思いました。

なお、平成2007年3月1日より奈良市内を循環する路線バスに、レトロ調の車体に奈良を代表する鹿をデザインした「バンビーナ(愛称)」が運行されてるようです。

なんか、かわいい名前ですよね。機会があれば乗ってみたいと思います。

奈良交通の定期観光バス

奈良交通の定期観光バスは、はじめて奈良の観光旅行に来た方には、
大変良いと思います。

奈良と言えば、修学旅行で行ったことを思い出します。

国宝でもある「奈良の大仏」の大きさには驚きましたし、奈良公園で
群れる鹿もなつかしい思い出です。

奈良の観光地は、点在しているので移動時間に手間取るとたいして観光
できずにあっという間に1日が過ぎてしまうことも少なくありません。

奈良交通の定期観光バスは、どのようにコースを回れば良いのかお悩みの
方には最適だと思います。

東大寺や春日大社をはじめとする奈良公園周辺を回る世界遺産コースや、
法隆寺・西の京周辺を回る世界遺産コースや、夜の奈良を美しく彩る
ライトアップコースなどがあり、古(いにしえ)の都を満喫できると
思います。

奈良交通の定期観光バス運賃と拝観・見学料がセットで割安となって
いますし、お土産も付いているのでとてもお得だと思います。

バスの時刻表や路線については奈良交通HPを参照してください。

奈良交通 南紀営業所

奈良交通 南紀営業所は、和歌山県新宮市神倉にありますが、実は、奈良交通バスの営業所です。

この営業所では、主に新宮駅を発着する路線を担当しています。

新宮駅(しんぐうえき)を境に、JR西日本とJR東海の管轄に分かれると分岐点になっている、
ある意味めずらしい駅です。

当駅を中心として新宮の市街が広がっており、市役所をはじめ主要な施設が数多く集中しています。

また、駅から歩いて行ける熊野速玉大社や浮島の森などは、有名な観光地です。

他にも、川湯温泉、渡瀬温泉、湯の峰温泉、湯ノ口温泉、雲取温泉など温泉地としても
人気がありますよ~。

奈良交通バス 南紀営業所の現行路線です。

八木新宮線(くまの十津川特急バス)は、近鉄八木駅から十津川村まで、なんと
所要時間5時間以上かけて、紀伊半島を横断するとても長い路線です。

5時間もバスに乗ってるとさすがに飽きますよね。(笑)

熊野線は、湯盛温泉杉の湯~池原~下桑原という温泉バスですね。

奈良交通バス 南紀営業所では、路線バスのほかにも、
太地町町営循環バスも委託運行しています。

奈良交通バスの時刻表や路線については奈良交通HPを参照してください。

奈良交通の路線バス「かめバス」

奈良交通路線バスでおもしろいバスを見つけました。

その名も“かめバス”です。しかも「赤かめ」バスと「金かめ」バスが
あるんです。

シンボルマークのカメのステッカーがバスに貼ってあるのがおもしろいですね。

なお、かめバスは奈良県高市郡明日香村にて運行されているのですが、名前
の由来は、村内で出土した亀形石造物にちなんだものだそうです。

奈良と言えば鹿なのに、何でカメなのと思いましたが、ちゃんと由来が
あったんですね、納得しました。

奈良交通路線バスの車両で運行されているのは「赤かめ」のほうで、バス
正面に、赤色のかめに「かめバス周遊」と描かれたステッカーが貼られて
います。

また、明日香周遊バス1日フリー券というのがあって、赤かめバスのみ
1日乗り放題で利用できるので、明日香村の高松塚古墳や飛鳥寺などの
観光スポットを回るのにかなり便利で、お得だと思います。

奈良交通のかめバスは、明日香村の玄関口、近鉄線の橿原神宮前駅及び
飛鳥駅から明日香村中心部をつなぐ路線ですよね。

ですから、バス停は観光客がたくさん訪れる、飛鳥寺や高松塚古墳
などに設けられています。

春、秋の観光シーズンには、土休日は30分に1本運行されるようです。

楽しい奈良観光の足にご利用になられてはいかがでしょうか。

奈良交通バス 時刻表カテゴリー項目一覧

奈良交通 バスカード

奈良交通のバスカード

奈良交通 バス時刻表

奈良交通バス時刻表 学園中3丁目

奈良交通 南紀営業所

奈良交通 南紀営業所

奈良交通 夜行バス

奈良交通の夜行バス

奈良交通 定期観光バス

奈良交通の定期観光バス

奈良交通 路線バス

奈良交通の路線バス「かめバス」

奈良交通 車両

奈良交通バス 車両の紹介

奈良交通バス

奈良交通バスとは 奈良交通バスで行く奈良の旅


奈良交通バス 時刻表のおすすめ!

奈良交通バス時刻表 学園中3丁目

奈良交通バスのバス停に学園前駅があります。

ここは、近鉄(近畿日本鉄道)奈良線の駅ですが、ちょっと変わった駅
なんですよ。

駅の改札口は北口と南口の2ヶ所にあるのですが、なんと地下道で結ば
れているんです。

洞窟みたいでおもしろいですよ。

ちなみに、立地上、北口の方が南口より一段高くなっているんですよ。

そして、奈良交通のバス乗り場は、学園前駅の南北にありますよね。

ここの朝夕のラッシュはすごいですよね。周辺にはニュータウンなど
の住宅地が多いですし、帝塚山学園の最寄り駅でもあるため、通勤や
通学生でごったがえしているという感じです。

平日なら、乗降客数は近鉄奈良駅とほぼ同じぐらいではないでしょうか。

当駅発着の路線バスと言えば、奈良交通と子会社のエヌシーバスですよね。

とにかく朝はバスの本数が多いですね。

南口1番乗り場からは、奈良交通バス 学園中3丁目経由など、周辺の住宅地
や近鉄けいはんな線の駅に向かう循環バスが多いです。

とにかく、はじめて奈良県に来た人は、学園前駅の朝夕のラッシュはビックリ
すると思いますよ。

なお、バスの発着時間については、公式ホームページの奈良交通バス時刻表を参照してください。

奈良交通バス 時刻表を紹介します。 奈良交通バスの時刻表や、奈良交通バスの路線図や運賃、 奈良交通バスを利用した観光名所への行き方なども紹介します。 奈良観光の際にはぜひご利用ください。


奈良交通バス 時刻表 Pick Up!

奈良交通バスは、奈良県奈良市に本社のある奈良交通株式会社が運営する一般路線バスです。

運行する主なエリアは、奈良県全域ですが、京都府や大阪府、和歌山県、三重県の一部も運行していますよね。

奈良県で路線バスと言えば、奈良交通バスしかないんじゃないでしょうか?

そのぐらいほぼ独占状態だと思います。

でも、奈良県の住民のとってはなくてはならない交通手段ですよね。

奈良交通バスの運行が停止になったら、通勤・通学に困る方がたくさんいるでしょうね。

また、長距離路線が多いのも特徴だと思います。

自動車の普及などにより交通手段が多様化した現在、諸事情により長距離路線の多くは廃止または短くなってるようです。

ところで、日本一長距離で長時間かかる路線バス(高速バスを除く)をご存知ですか?

実は、奈良県八木駅~新宮駅間で、なんと168キロもあり約6時間半もかけて運行されるそうです。驚きですね。

奈良県北部の、学園前駅や生駒駅などは、駅周辺の住宅地や近鉄けいはんな線の駅に向かう奈良交通バスの発着が非常に多く、朝夕のピーク時には大変混雑することで有名ですね。

ほんとに、ひっきりなしにバスが発着するという感じですし、人の多さにはびっくりしますね。

奈良交通バスを、はじめて見たとき、バスのの側面に鹿の飛び跳ねる絵が描かれていて、いかにも奈良県を象徴しているようでいいなと思いました。

なお、平成2007年3月1日より奈良市内を循環する路線バスに、レトロ調の車体に奈良を代表する鹿をデザインした「バンビーナ(愛称)」が運行されてるようです。

なんか、かわいい名前ですよね。機会があれば乗ってみたいと思います。

奈良交通の定期観光バスは、はじめて奈良の観光旅行に来た方には、
大変良いと思います。

奈良と言えば、修学旅行で行ったことを思い出します。

国宝でもある「奈良の大仏」の大きさには驚きましたし、奈良公園で
群れる鹿もなつかしい思い出です。

奈良の観光地は、点在しているので移動時間に手間取るとたいして観光
できずにあっという間に1日が過ぎてしまうことも少なくありません。

奈良交通の定期観光バスは、どのようにコースを回れば良いのかお悩みの
方には最適だと思います。

東大寺や春日大社をはじめとする奈良公園周辺を回る世界遺産コースや、
法隆寺・西の京周辺を回る世界遺産コースや、夜の奈良を美しく彩る
ライトアップコースなどがあり、古(いにしえ)の都を満喫できると
思います。

奈良交通の定期観光バス運賃と拝観・見学料がセットで割安となって
いますし、お土産も付いているのでとてもお得だと思います。

バスの時刻表や路線については奈良交通HPを参照してください。

奈良交通 南紀営業所は、和歌山県新宮市神倉にありますが、実は、奈良交通バスの営業所です。

この営業所では、主に新宮駅を発着する路線を担当しています。

新宮駅(しんぐうえき)を境に、JR西日本とJR東海の管轄に分かれると分岐点になっている、
ある意味めずらしい駅です。

当駅を中心として新宮の市街が広がっており、市役所をはじめ主要な施設が数多く集中しています。

また、駅から歩いて行ける熊野速玉大社や浮島の森などは、有名な観光地です。

他にも、川湯温泉、渡瀬温泉、湯の峰温泉、湯ノ口温泉、雲取温泉など温泉地としても
人気がありますよ~。

奈良交通バス 南紀営業所の現行路線です。

八木新宮線(くまの十津川特急バス)は、近鉄八木駅から十津川村まで、なんと
所要時間5時間以上かけて、紀伊半島を横断するとても長い路線です。

5時間もバスに乗ってるとさすがに飽きますよね。(笑)

熊野線は、湯盛温泉杉の湯~池原~下桑原という温泉バスですね。

奈良交通バス 南紀営業所では、路線バスのほかにも、
太地町町営循環バスも委託運行しています。

奈良交通バスの時刻表や路線については奈良交通HPを参照してください。

奈良交通路線バスでおもしろいバスを見つけました。

その名も“かめバス”です。しかも「赤かめ」バスと「金かめ」バスが
あるんです。

シンボルマークのカメのステッカーがバスに貼ってあるのがおもしろいですね。

なお、かめバスは奈良県高市郡明日香村にて運行されているのですが、名前
の由来は、村内で出土した亀形石造物にちなんだものだそうです。

奈良と言えば鹿なのに、何でカメなのと思いましたが、ちゃんと由来が
あったんですね、納得しました。

奈良交通路線バスの車両で運行されているのは「赤かめ」のほうで、バス
正面に、赤色のかめに「かめバス周遊」と描かれたステッカーが貼られて
います。

また、明日香周遊バス1日フリー券というのがあって、赤かめバスのみ
1日乗り放題で利用できるので、明日香村の高松塚古墳や飛鳥寺などの
観光スポットを回るのにかなり便利で、お得だと思います。

奈良交通のかめバスは、明日香村の玄関口、近鉄線の橿原神宮前駅及び
飛鳥駅から明日香村中心部をつなぐ路線ですよね。

ですから、バス停は観光客がたくさん訪れる、飛鳥寺や高松塚古墳
などに設けられています。

春、秋の観光シーズンには、土休日は30分に1本運行されるようです。

楽しい奈良観光の足にご利用になられてはいかがでしょうか。