Top >  奈良交通 バスカード >  奈良交通のバスカード

奈良交通のバスカード

奈良交通バスカードは、導入当初は他のバス会社では使えませんでした。

近畿圏の鉄道やバス会社の多くが加盟する「スルッとKANSAI」にも対応していないのは、
めずらしいと思います。

まあ、独自色を打ち出してたわけですけど、奈良県の路線バスのほとんどを奈良交通が運行している
事を考えると、他社のバスカードと互換性を持つ必要がなかったのではないでしょうか。

また、バスカードの残額がパーセントで表示されるところがおもしろいと思いました。

奈良交通バスカードの種類には、通常のバスカードと、午前9時半から
午後3時半までしか利用できない「ひまわりカード」の2種類がありました。

ただし「ひまわりカード」は乗車時間が限定されているためか、3000円のカードで4300円分
利用できるなどプレミアムがたくさんつくので、かなりお得だと思います。

現在は、奈良交通全営業所の路線で、新型バスカード、CI-CA(シーカ)に
一本化されています。

2007年4月1日からは、PiTaPa(ピタパ)やICOCA(イコカ)にも対応するようになったので利便性
があがったと思います。

 <  前の記事 奈良交通バスで行く奈良の旅  |  トップページ  |  次の記事 奈良交通の路線バス「かめバス」  >